2010  8月26日  第20回  シーバス釣行

どーも。     OGU。     です。

8月26日、矢作川にシーバス釣行へ行ってきました。


P1000377.jpg

橋の上から写真を撮っていると ・・・ 投網をしているオジサンを発見    

  「 こんにちは、何が取れるの  」

  「 マダカ、クロダイ、ボラが取れるよ 」

  「 本当  」

  「 今朝、この場所で 85cm スズキを 取ったよ 」

  「 ・・・ 。 」

半信半疑  で ・・・ しばし観戦     

すると ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


P1000378.jpg

ドン   出た    軽く60オーバー    

続いて ・・・


P1000380.jpg

ドン  ドン    銀ピカのクロダイ  羨ましいかぎり・・・ 。


P1000381.jpg

まず投網を投げる準備をして ・・・ 。


P1000382.jpg

投げる ・・・ 。  


P1000379.jpg

投網をしっかり底まで沈めるのがコツらしい ・・・ 。

この名人は過去にこの場所で 80オーバー のスズキを6本、入れたことがあるらしい ・・・ 。
( 連続ではなく同時に )

凄い ・ ・ ・   

この名人にいろいろ情報を聞き  やる気  満々  で  スタート   

釣果は ・ ・ ・ ・ ・ またしても   ボウズ          


P1000383.jpg

下げの夜より、上げの昼らしい ・・・ 。

では次回 ・・・ 。

テーマ : ルアーフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

シンペンさんへ・・・

> どーも!!     OGU。     です。
>
> またまた本当に貴重な情報をありがとうございます!!
>
> 本来であれば自分の足で耳で集めなければならない情報をこんなに詳しく丁寧に教えて頂き誠にありがとうございます!!!
>
> このシンペンさんに教えて頂いた情報を十二分に活かして「80獲り」頑張ります。
>
> いつの日か釣り場で会えたら是非ともお礼をさせて下さい!!
>
> では、お互い良い釣りを・・・。

No title

Tでしたか!!
この時期入ってるPはTとYの間でYよりのN市側です。
先行者が居て、ウエーディング出来ない時は、N市側から陸ぱりも可能です。
TとYの間のPはH市側に干潟が出来るためN市側オンリーです(本流筋はN市側になります)。
入水はH市側より入ります。
多分下げでP付近に行けば浸かってる人居ますからすぐ判ると思います。
但し、釣れる時間帯があるので、その部分はOGUさんで調査して下さいね。
春から初夏にかけては、Y橋より下流ですね!
デイもナイトも100%下げです。
もし上げで釣行するなら、再干潮後、潮が動きはじめてから1時間が勝負ですよ!
今年のYリバーは90Upも何本もあげてますし、本当に釣れれば70Up当たり前でしたからね!
ランカーダッシュでした。
ナイトで入る場合は、サイズが下がります、あとダツに注意して下さい。

シンペンさんへ・・・

はじめまして!! シンペンさん!! コメントありがとうございます!!

NではなくTです。 もっと下流ですね!!

TとYの間がいいと聞きましたが、Yより下流ですか??

また、ウェーディングポイントはH市側ですか?N市側ですか?
 
自分はN市側です!

不躾な質問で申し訳ありませんが、

お答えいただける範囲で結構ですので

教えてもらえるとうれしいです!

来週、新月まわりで矢作川3連戦を予定しています!

80が獲れるようがんばります!

またいい情報があればお願いします!

No title

はじめまして!
良くブログ拝見してます。

OGUさんたまに矢作の釣果ブログ書いてますよね?
今年の矢作は例年に無く魚の個体数が絶対的に多いです。
釣れれば70Upが当たり前ですから、ランカーも
今年は多いですよ!!
OGUさんの釣行された次の日はデイで爆釣でしたし、29日もデイで72Cm1本上げましたよ。
この時期一次的に渋くなりますが、まだまだ秋に向けてよくなります。
写真の橋ですが、はっきり判りませんが、N畑橋ですか?
ポイントは教えれませんが、もっと下流ですよ。
OGUさんも頑張って矢作でランカー狙って下さいね。

ikuさんへ ・・・

どーも!!  ikuさん。   ご無沙汰です。

コメントありがとうございます!!

そうなんです!!   現場に行かないと絶対に分かりませんよね。

今年は数はチンチンなので ・・・ 。

ランカー獲り 頑張ります !!!!!!

ごぶさたしてます。
おじさん凄いですね。
釣りしかしてないと絶対わからない事実。
ヒントがいっぱい詰まってますね。
矢作のポテンシャルを感じさせるエピソードです。

ランカーに一歩近付いたんじゃないですか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する